落雷でインターホンが壊れた!?火災保険で全額補償してもらえた!【アイホン】

雷の続く日がありました。
大きな音が近くで鳴り、雷が落ち、我が家は大丈夫だったけど、周辺の家が停電するという事態に陥りました。

我が家は停電せずホッとしたも束の間…

はちこ

インターホンがうんともすんとも言わない。
暗いまま…

もしかして落雷のせい!?!?!?

落雷によるインターホンの故障は近年増えているらしく、火災保険の対象となっていました!
ですので我が家は負担金ゼロで新品に交換してもらえました!

その手順をお知らせします。

目次

落雷でインターホンが壊れた!?まずはそれ以外にも被害がないか確認すること

インターホンが壊れていることに気がついたのは翌日でした。
宅配の不在票が入っており、在宅していたのにおかしいな…と思ってインターホンを触ったら画面が暗いままでなにも作動せず…。すぐに落雷があった事を思い出しました。

実際に近くで落雷があったし、停電はしなかったけど、数年前にも同じく落雷でインターホンが故障した事があったのですぐにピンときました。

インターホンの電源をオンオフしても作動しない事
また、家の外のインターホンも作動しないかも確認しました。

さらに、それ以外の電化製品が壊れていないかの確認も大切です。

1日経過していたので、普段使う電化製品に問題はありませんでしたが、コンセントに繋いだままの出番の少ない電化製品の動作確認を一通りしました。

はちこ

季節外れの家電製品とか見落としがちらしく注意です

自身の入っている火災保険の対象になっているのか確認

通常の火災保険では「火災・落雷・破裂・爆発」による被害が基本補償に含まれています。
しかし、念の為、保険証書を開き、落雷による破損が対象になっているのか確認しました。

確認が取れたのですぐに、損害保険会社に電話です。

我が家が入っていたのは『楽天損保』
電話すると割とすぐに繋がり、落雷によるインターホンの故障と伝えると次の手順を伝えてくれました。

  1. まずは被害場所の写真を撮ること(家の内外)
  2. インターホンの修理依頼を自分でする
  3. 修理見積書に「落雷が原因」と特定されている事
  4. 見積書を添付して楽天損保に送る
  5. 受理されれば保険金がおりる

落雷が原因と特定されない限りは保険金はおりないので、まずは修理依頼をせねばなりません。

また修理依頼をしようにも、落雷が原因ではなければ全額自己負担となります…。

はちこ

たぶん…絶対…落雷原因だと思うけど不安でした

故障したのは『アイホンJL-12』アイホンにまず電話しました。

故障したインターホン

我が家のインターホンは『アイホン』の『JL-12』という機種。
取扱説明書を引き出し、問い合わせました。
「落雷による故障と思われるが、修理はどのようにしたらよいか」と聞いた所、アイホンと提携している修理会社があるのでそれで良ければ、見積もり、修理に伺うとの事でした。

落雷が原因と、落雷が原因でない場合の費用が違う

当たり前ですが、落雷が原因である場合と、そうでない場合、修理で済む場合、製品を交換する場合とで費用が異なります。

また、保険会社からは「落雷が原因でない」と保険金はおりない為、落雷でない場合、全額自己負担で修理するのかも検討しなくてはなりませんでした。

落雷が原因かどうか、1度見てもらって後日修理…となると別途、見積もり費用(6,000円くらいだった記憶)がかかりました。その場合、落雷が原因と判明したとしてもその見積もり費用は保険の対象とはなりません。

十中八九、落雷が原因だと思ったので、私は見積もりはせず、即日修理をお願いしました。

はちこ

6,000円ケチった


そして我が家のインターホン( JL-12 )は、すでに廃盤らしく
修理か交換しか道はありませんでした。
そして落雷が原因だった場合は交換になるとの事でした。

落雷が原因で交換(保険対応)46,000円(税別)
全額自己負担で修理12,000円 (税別)
全額自己負担で交換25,000円 (税別)
提示された料金(2021年7月)
はちこ

インターホンもそこそこ値段するのね…

やはり落雷が原因だった!新品に交換してもらえました!

交換してもらったインターホン

修理に要した時間は30分程度ですぐに終わりました。

壊れたほうのインターホンのカバーを外し、基盤を確認し、どこが壊れた場所か特定されてました。

新品に交換が終わったら、見積書をもらい、後日請求書が届くので先に支払って修理は完了です。

はちこ

先に自己負担で支払ってから、後日保険が受理されて保険金がおります。

楽天損保に送る書類は明細がはっきりしたものを

最初に送った書類

早く保険金をーーー!と焦る気持ちからか、最初の見積書を楽天損保に送っていました。
※落雷原因と記載され料金も書いてあったものを、インターネットから申請しました。

しかし、これでは詳細がないので駄目だという事で再度やり直しに。

アイホンに連絡をし、落雷原因と記載してあり、費用の詳細がわかるものを送って下さいと伝えた所、ちょうど見積書を送付してくれる段階だったらしく、翌日には細かい明細が届きました。

こちらを楽天損保に添付し直して終了です。

落雷原因と詳細の書かれたもの

受理されたとの連絡から数日で振り込まれた

添付書類の確認が取れたと、担当者さんから連絡が入り一安心。
1週間程度で50,600円が振り込まれるとの事でした。(40,600円×10%)

実際には電話があった日から5日ほどで入金されていました。

近年、落雷の被害が増えているようです!

我が家の落雷によるインターホンの故障はこれで2度目。
前回は引っ越してすぐだったので、住宅メーカーに補償してもらいました。

そして今回は火災保険で補償。

6年住んで2回も壊れるってのもなかなかの確率なのですが、修理担当の方もここ数年で豪雨災害が増え、落雷も増えたとの事でした。昔はインターホンの故障が落雷と結びつく事が少なかったようなのですが、最近は損害保険会社も落雷によるインターホンの故障は周知されているらしく、保険がおりるとおっしゃっていました。

火災保険で補償してもらえて助かりました!!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる