入学準備、ラン活はしない!定価で安いツバメランドセルや型落ちを狙う!

我が家の娘は来年小学生になります。
ぼちぼち聞こえてくる周りのランドセル買った報告。

我が家もラン活…と言いたい所ですが
しません!ラン活…しません!!
ラン活しませんでした!

この記事ではラン活をせずに
安く!かわいいランドセルをゲットする方法をお伝えします。
重視する点もお伝えします。

はちこ

我が家は悩んだ末、ツバメランドセルを買ったよ!
なんと1万6,300円!

目次

ラン活をしない理由

ランドセルの相場っていくらくらいなんだろう…。

近所のショッピングモールでざっと見渡してみたけど
安くて3万円代、スタンダードで5万円代、もっといいやつで6万円代…といった感じに見受けられました。

6年間使う事を考えたら、日割り計算すれば安いのかもしれませんが
我が家ではそういった考えはありません。

はちこ

高すぎだよ

将来子供が
「あの頃、高いランドセル買ってもらえて幸せだったよ」とか
「やっぱ革だよね!!」とか言うわけがない。

子供の希望する色や形であれば、価格は関係ないって思うのです。

だから、各社のカタログも不要だし、展示会に行くことも必要ないと思っています。

はちろー

お金のある人はこだわって欲しいけどね♪

ラン活をしないけど、これだけは譲れないランドセルのポイント

ラン活をしないからと言って、ランドセルならなんでもいいわけではありません。

6年間通う、かわいい我が子。
できるかぎり快適なランドセルを選んであげたいです。

子供の気に入るデザイン・色であること

第一に子供にとって気にいるデザイン・色でなければいけないと思っています。
我が家は女の子なのですが、ランドセルへの憧れが日に日に強くなっている印象でした。

年上のお友達が、水色や紫色のランドセルを買っていたりで、
子供の妄想も膨らんでいる様子。

デザインも様々ですよね。きらびやかな方がいいのか、可愛らしい方がいいのか、また、シンプルな方がいいのか…

6年間使う事を予想して(お姉さんになっても飽きないか?)
子供とイメージをすり合わせていきたいですね。

6年間のメーカー保証

安いランドセルでも意外と6年保証がついてるんです。
お高いランドセルだけかと思っていましたが、そうでもないようで安心。

長期に渡って使うものなので、保証があると嬉しいですね。

何より軽いこと

小さい体に大きなランドセルから始まる小学1年生。
教科書が入るだけで、重くなるのは予想されます。

できるだけ負担の少ないよう、軽いランドセルを選びたいです。

見ている中で軽い!って思ったのは990グラムのランドセルでした。
だから1キロ前後だといいかな…?

軽いに越したことはないですね!

容量

やっぱりお高いランドセルはよく考えられている作りになっています。
メインになる収納場所が広かったり
サブのポケットにマチが付いていたり…

大は小を兼ねると言いますが、容量は多い方が良いですよね。

しかし、小学校もタブレット学習が進む予定で
ゆくゆくは教材の持ち帰りも少なくなり、大きなランドセルも必要なくなるかも?
なんて話も聞きます。

そこそこ容量のあるランドセルを選びたいです。

便利な機能がついている

ランドセルの蓋を締めた際に自動ロックがあると便利ですよね。
お辞儀した時に、教材がザーって落ちる心配がなくなります。
案外ロックし忘れるもんですしね。

反射素材が付いていると、雨の日など暗い日に安全です。

ランドセルを自宅で置く際の、取手(金具でない)があると便利です。

それ以外にも、防犯ブザーをかけるフックがあるかとか細かなパーツもチェックしておきたいですね。

はちこ

最近のランドセルはだいたいこの機能は付いてるっぽいね

背負いやすい

これは本当は実際に店舗で試してみることに尽きると思います。
しかし、安いランドセルを探しているとなかなか店舗で触ってみるチャンスが少ない。

店頭でシーズン終わり頃に値下げしていたり、型落ち品で良いものがあれば試せるのでいいのですが。

しかし、昨今のランドセルはわりとしっかりした作りだと勝手に思っていて
子供の体つきとフィット感との相性もあるだろうしと
そこまで気にしすぎなくてもいいのかな?なんて思ってもいます。

安い

最後に、価格が安いこと。
我が家は重視しました。
だいたい2万円~3万円以内で買えれば嬉しいなと思っていました。

学校へ行ってる子達は誰がどこのメーカーのランドセルで革だとか、合皮だとかは気にならないと思うのです。

ですので高額である事は必要なく
親子共々に納得したものを用意してあげたいなと思っていました。

オススメはツバメランドセル!比較的在庫も安定していて買いやすい

ツバメランドセルは、注文を受けてから職人さんが手作りしてくれ、
6年間しっかり使っていけるよう品質や安全面でのチェックもされています。

公式HPより引用


1万6,300円にはとても見えないですよね!
シンプルなデザインではあるけど、それは言い換えると飽きのこない
伝統的なデザインであるとも言えます。

耐水・強度・通気性などに優れ、選ばれた人工皮革で作っています。

他のランドセルと遜色のない軽さ(約1100グラム)
容量は内寸、高さ32×横23×マチ12(cm)でしっかり入る大きさです。


また自動ロックや反射素材、防犯ブザーをつける金具、持ち手も付いており
文句のつけようがありません。

シンプルでスタンダードなデザインのランドセルですが
それが良い。

色展開はデザインにもよりますが
赤・ピンク・ブラック・ネイビー・パープル・ブラウン・アクアブルー・キャメル

と、豊富です。


その他にも種類がありますよー!

楽天市場で型落ちランドセルを狙うのも有り!

もうすこしデザイン性があるほうが…というならば
楽天市場で型落ちのランドセルを狙えます。

有名なメーカーの型落ちランドセルが2万円台~3万円以内くらいであるのでお得です。

はちろー

素人目には型落ちかどうかなんてわからいしね

デメリットは在庫がなくなり次第売り切れになっちゃうこと

子供と欲しいランドセルのイメージをすり合わせながら画像とにらめっこして悩んで
いざ、これに決めた!と思ってクリックしたら

売り切れてました…。

人気の色は早くに売り切れる事もあるので早めに買うのが良いかと思います!

おしゃれなランリュックももっとスタンダードになってくれたらなぁ!

猛暑で重たく、熱の逃げ場のないランドセルを背負って登下校するのは大変です。
地方ではランリュックというナイロン製のリュックで登校する学校もあるのだとか。

最近では、ランドセルよりも、ランリュックの方が子供の為にもいいのではないか?という意見もちらほら見かけます。

軽くて丈夫でなにより安く(1万円以下)、わが町でももっとスタンダードになればいいのになぁと思うばかりです。

我が家はツバメランドセルに決めました!

これにしよう!!と決めた型落ちランドセルが売り切れてしまっていた為
娘に他の候補を選んでもらおうと思ったら

「赤色だったらなんでもいーよ!」との事。

我が家の場合ですが、『赤いランドセル』であれば何でも良かったみたいです。

はちこ

「ランドセル」が欲しいんだろうな



と、言うことで在庫に安心があったツバメランドセルさんに決めました。
色は赤色。

私はシンプルでとっても可愛いと思っているのですが
娘が少し物足りなさそうだったらブリッブリのランドセルカバーを買ってあげようと思っています。

9月頃に届く予定なので楽しみです。

実際に買ってみた感想も合わせてどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる